◇◇◇◇
のし紙の種類及び用途◇◇◇◇
-のし紙の故事来歴と表記方法-
お祝事に使われるのし紙
  蝶結びは何度結んでもほどけ、またあるようにということから、何度あってもよいお祝い事の時に使います
御祝、内祝、出産祝い、御中元、御歳暮、新築祝など
 

結びきり(5本)ほどけて結び直す事がないように固結び(結びきり)になっていることから 二度繰り返さないお祝い事の時に使います。
快気祝、内祝、全快祝、御見舞など

  結びきり(10本)ほどけて結び直すことはないように固結びになっていることから二度繰り返さない婚礼用のしです。
寿、御結婚祝、御祝、内祝
など

仏事に使われるのし紙
  黒白:一般的に使われる仏事用ののしです。二度繰り返さないということで結びきりになっています。
志、粗供養、御供など
  黄白:関西方面などで使用する所が多いです。二度繰り返さないということで結びきりになっています。
志、粗供養、御供など

【お祝い用】一般的なのし紙の表記
  御出産祝 「御出産祝 (差出人苗字)」となります。
※ご出産のお知らせをいただいてから贈ります。
  寿(御結婚祝)

「寿 (差出人苗字)」または「御結婚祝 (差出人名)」となります。

  入学(入園)祝 「入学(入園) (差出人苗字)」となります。
  御祝 「御祝 (差出人苗字)」となります。

【お返し用】一般的なのし紙の表記
(頂いたお祝いの半分くらい(半返し)のお値段が目安です。)
  内祝(出産) 「内祝 (生まれたお子様のお名前)(ふりがな付)」となります。
※ご出産後、御出産祝を頂いた方やお世話になった方、又は、ご親族の方へのお返しとなります。
  内祝(結婚) 「内祝 (差出人苗字) (新郎・新婦のお名前)」となります。
  快気内祝 「快内気祝 (差出人苗字)」となります。
※退院された後のお返しとなります。
  内祝(その他) 「内祝 (差出人苗字)」となります。
※何度あっても良いお祝い事のお返しの場合は「蝶結び」、一度きりのお祝い事 のお返しの場合は「結びきり」。
  「志 (差出人苗字)」となります。

ご案内・・・・のし掛けをご希望される方は、下記図をご参照いただき、注文ページの備考欄に、ご希望の「のし紙(下記は無料にて作成させていただきます)」をご指示下さるようお願い申し上げます。

紅白蝶結び

紅白10本結びきり

紅白5本結びきり

お祝い


お祝い(短冊1)



お祝い(短冊2)



お祝い(短冊3)



お祝い(短冊4)



仏事
(短冊)
「熨斗(のし)」とは、
紅白などの色紙に黄色の細長い紙が挟まれています。これは元来干した鮑〔あわび〕だったものが簡略化されたものです。熨斗は結婚式や快気祝い、出産祝い、中元・歳暮などに用いられます。これはお祝い事の時に生臭物〔なまぐさもの〕(魚や肉など)を食べる古代の習慣に由来するそうです。
水引には1色のものもありますが、2色組み合わさったものが基本となります。慶事には紅白や金銀など、弔事には黒白、銀白などに使い分けられます。結び方には
<蝶結び><結びきり>があり、蝶結びは婚礼以外の祝儀全般に用いられます。

仏事(1)


仏事(2)

◇のし紙の掛け方
(イメージ)

外掛け

内掛け

短冊掛け